雨漏りを修理して快適な生活を送ろう【住宅改善マル秘テクニック】

女の人

瓦は注意が必要

2人の男性

雨漏りが起こりやすい屋根というものがあります。一体どんな屋根かというと、それは瓦で出来た屋根です。瓦で出来た屋根というのは日本の伝統の屋根でもありますよね。瓦は、耐久性に優れているだけでなく、通気性を良くしたり、冬等に寒さを防いだりする効果があるんです。しかし、雨漏りが起こりやすい雨でもあります。一体どうして瓦屋根に雨漏りが起こりやすいのかということをお話していきましょう。瓦屋根というのは、風や振動等に弱いんです。風や振動を受けた瓦は、歪んでいきますよね。歪んでしまうと、当然そこには隙間が出来てしまい、そこに雨が侵入した時、雨漏りが起こってしまいます。また、毎日紫外線、雨、風等のダメージを受けているだけあり、劣化の進みが早いものでもあります。劣化を防ぐ為、数年に一度、新しい瓦に変えたり、瓦に破損がないかをチェックしたりするようにしましょう。瓦のメンテナンスをしっかり行うことで、雨漏りをしっかり予防することが出来ます。

雨漏りを発見した状態のまま放っておくと、工事の難易度が上がったり、修理工事の費用が高くなったりするだけでなく、家の中で水漏れが起こるようになったりします。壁に水がつたい、天井からはポタポタと水がこぼれ、何だか湿気っぽい家になってしまうのです。そしてしばらくすると、カビが発生するようになります。
カビが発生すると、喘息等が起こってしまったり、健康への被害も考えられるので注意しましょう。