雨漏りを修理して快適な生活を送ろう【住宅改善マル秘テクニック】

オペレーター

瓦は注意が必要

2人の男性

雨漏りが発生する場所として多い屋根は瓦だとさらに発生しやすくなります。通気性や耐久性には優れていますが、ちょっとした振動で動いてしまい雨漏りを発生させてしまいます。

業者の力に頼る

お家

屋根は住宅の中でも雨漏りが発生しやすい場所となっているので、定期的にメンテナンスをするようにしましょう。自分でメンテナンスすることも可能ですが、業者に依頼した方が綺麗に直してくれます。

雨漏りの原因を考える

男の人

欠陥住宅を掴まされてしまうと、たとえ新築の住宅でも早い段階で雨漏りをしてしまいます。また、屋根だけでなくバルコニーも雨漏りの原因となる場所なので、バルコニーがある住宅は注意しましょう。

事前に対処する

家

雨漏りの経験がある方、この文章を読んでくださっている方の中に、何人かはいらっしゃるのではないでしょうか?雨漏りというのは予期せぬ時に起こってしまうものです。「これから雨漏りが起こる気がする。だから業者に依頼して修理の工事をお願いしよう。」そういうわけにはいかないものなのです。というのも、雨漏りは家の建築材木の中で徐々に進行して、その状態が悪化した際、家の中にまで水が侵入した際に雨漏りが起こっていると気付くケースが多いのです。ですから、雨漏りを防ぐには、雨漏りが起こらないように定期的に検査を行ったり、屋根等のメンテナンス工事を行う必要があります。家というのは劣化していくものです。特に外構や外壁や屋根なんかは、雨や風邪や紫外線等のダメージを日々受けています。そんなダメージを受けながら何年も建ち続けているのですから、劣化しないわけありません。そして、劣化が進むと雨漏り等の被害が起こってしまいます。ある日突然雨漏りが起こってしまうのは、家の劣化が進んでいるという証でもあるのです。雨漏りを根本的に防ぐには、家の劣化を改善してあげることが重要です。雨漏りを防ぐ為に、重点的に工事する箇所として、屋根が挙げられます。屋根の修復工事を数年に一回行うことだけでも、大きな雨漏り防止効果を期待することが出来るのです。

雨漏りが起こってしまった際に気をつけないといけないのは、雨漏りがどんどん進行してしまうことです。雨漏りは進行すればする程、修理工事の難易度が上がってしまいます。ということは、もちろん工事に必要となる費用も高くなってしまうということです。ですから、雨漏りを発見した時はすぐに業者に依頼するようにしましょう。